DATA

インデザイン入稿注意点

インデザインCS6の入稿注意点となります。

はじめに

基本的にはPDF/X-1aにて書き出したPDFデータをご入稿下さい。
※埋め込みできないフォントを使用される場合、アウトライン化を行ってください。

入稿前に

InDesignでは出力前のデータに問題が無いかチェックすることができます。
メニューバーの「ファイル」→「パッケージ」を選択して内容を確認し、データをご入稿ください。

データ作成の注意点

・全面に色や写真が入るデザインは3mmの裁ち落としをつけてください
・ドキュメントの綴じ方向・組み方向に注意して作成してください
・絵柄は仕上がりより少し内側にレイアウトしてください
・埋め込み可能なフォントを使用してください
・埋め込みできないフォントはグラフィックス化を行ってください

配置データについて

ドキュメントにある全ての配置されたデータが同梱されている必要があります。
また、下記の注意点も確認してください。

・PDFファイルについて
使われている文字のフォントが全て埋め込みできているか確認、または、文字が全てアウトライン化されていてフォントを使用していない状態かを確認してください。

・イラストレーターファイル
イラストレーターの項目を参照下さい。

・フォトショップファイル
フォトショップの項目を参照下さい。

フォントのアウトライン化

テキストツールで文字選んで行う「インライングラフィックスとしてのアウトライン化」では、フォントのバウンディングボックスを基準に行われるため、アウトライン化を行ったテキストの前後のバウンディングボックスの分だけ文字の位置がずれてしまいます。

インデザイン入稿時にアウトラインを作成される場合は選択ツールでテキストフレームを選択して行う「テキストフレーム全体のアウトライン化」を行ってください。

※表のテキストについて
「表」機能で作成された表組の中のテキストをアウトライン化すると、元のテキストが残ってしまい、アウトライン化されたテキストと、アウトライン前のテキストが二重に配置された状態になります。
アウトライン化せずに、当社対応フォントで作成されることをおすすめします。

カラー

色はCMYKで指定してください。
スウォッチに登録された特色はCMYKカラーに変換してください。